マツエクのグルーってどんなもの?知っておくと便利な基礎知識

グルーはまつげとエクステンションを接着させるのりのことです。

みなさんはサロンで安全性の高いグルーを使っていると思いますが、グルーのことを少し紹介します。

グルーのうちわけ。どんなもので構成されているの?

主成分:シアノアクリレート

工業系・医療系を含め、日常的に使用されている合成接着剤の主成分として最も多く使われている成分です。

空気中または被着体に付着している水分によって硬くなり、その際アレルギー反応の原因となると言われるホルムアルデヒドを放散します。

ホルムアルデヒドとは・・目や鼻に刺激性のある気体。水溶性。ホルムアルデヒドの放散は一瞬ではなく、完全にグルーが硬化する間微量に続きます。その時間は、使用量にもよりますが一般的に24 時間かかると言われています

水分で硬化をする為、水分量が過多になる梅雨時期やエアコン風などで硬化の速度が左右される場合があります。

また完全に硬化する前に、涙や目薬など大量の水分に触れたりすると白化します。

ブチル

医療グレードと呼ばれる接着剤でホルムアルデヒドの放散量が少なく、アレルギーを引き起こす可能性が低いとされています。

エチル

ブチルに比べるとホルムアルデヒド放散量が多く、硬化後は固めの仕上がりとなります。

接着力が強いので、接着面積は少なくすみます。

海外性のグルーによくみられます。

*メトキシエチル シアノアクリレート、オクチル-シアノアクリレートもありますが、持続性が短い、または高価であるなどサロンの現場ではあまり使用されていません。

増粘剤:アクリル樹脂

グルーの粘度を調整する成分で、量が多いと粘度が高まり、少ないとサラサラとしたものになります

着色剤:カーボン、アンスラキノン系着色剤

カーボン:もともと透明なシアノアクリレートに、アイライン効果を望む、見えやすくする・・・といった理由から、黒いカーボンを混入させて黒色にしています。

また、アンスラキノン系着色剤は黒色ではありません。カーボンを含まない特殊な着色剤を使用することで、速乾性や低刺激性のグルーにすることが可能です。

安定剤:ヒドロキノン、ヒドロキシアニソール等

グルーの使用期間を調整する成分。

その他の複合物

柔軟性を与えるラテックスなど様々な成分が入る場合があり、ラテックスはゴムアレルギーなどを引き起こす場合があります。

マツエク施術後の注意

  • グルーが完全に硬化するのには時間がかかります。硬化の妨げになるのでその間はなるべく濡れないように注意しましょう。
  • 水に触れると硬化時に放散されるホルムアルデヒド(水溶性)が溶け出し目の周りの薄い皮膚や眼球を刺激する恐れがります。濡れた場合は、洗い流しよく乾かしてください。
  • 同様の理由で、まつげの美容液も水分を多く含むので翌日以降から使用してください。
  • クレンジングオイルの使用は持続性を落とすので、マツエクOK商品以外は使用しないでください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする