毛穴もきれいにマツエクも長持ち!おすすめのクレンジング

毛穴が黒ずみやすいから、毛穴ケアもできてマツエクも長持ちさせたいという人多いですよね。

毛穴に注目した洗顔は、マツエクを長持ちさせるコツと同じく洗いすぎないことが大事です。

だから、洗顔のときはW洗顔なしのクレンジングを選び、朝は水洗顔がおすすめ!

毛穴もきれいにしてくれると口コミのよいクレンジングを試してみました。

毛穴とマツエクのためのクレンジング

毛穴の黒ずみを取るための条件は次の通り

  • 洗う力は強すぎないか?ツッパリを感じないほどよさか?
  • 保湿してくれる成分が入っているか

ネットで見つけた毛穴クレンジングを、私が実際に使ってみた感触などを考慮してご紹介します。

毛穴どこへ?リダーマラボクレンジング

リダーマラボクレンジングはこんにゃくが原料の特殊なスクラブで毛穴や角質の汚れを吸着します。

ジェルタイプのクレンジングでスッキリと洗いますが、乾燥したり肌がつっぱったりしません。

 W洗顔不要

 1本で2カ月分

 公式通販サイトで 税込3,076円
通常価格 税込6,152円 

初回限定で現品もう1本プレゼント

公式サイト :http://re-dermalab.jp

敏感肌に!フィトリフトホットクレンジングジェル

フィトリフトは肌につけるとじんわり温まりだすホットタイプのクレンジングジェルです。

肌の上に乗せると軽くなり、微粒子も浮かして落とします。

リダーマラボより少しメイクの落ち具合が遅いですが、肌への刺激が少なく敏感肌の人におすすめです。

 W洗顔不要

 1本で2カ月分

 公式通販サイトでキャンペーン価格 税込2,980円

(※通常価格 税込4,104円)

公式サイト :http://www.phytolift.jp/

プチプラNo1!オルビスクレンジングリキッド

オルビスはオイルをすべてカットしたタイプのクレンジング。しかも品質がいいのにプチプラで広い世代に人気です。

洗浄成分を素早く肌から剥がす「すすぎクイック処方」でメイク落ちのよさはそのままに、さっとすすげてぬるつきゼロのすっきりした洗い上がり。

乾燥肌よりもオイリー肌むけ

 W洗顔 

 1本で1カ月半~2カ月分

 オルビス公式サイトで 税込1,440円

公式サイト :https://www.orbis.co.jp/

やってない?!毛穴が黒ずむNGお手入れ

× 洗顔時に長時間マッサージをしている

× 指やピンセットでむりやり角栓をとっている

× はがすタイプの鼻パックを使っている

あなたにも心当たりがありませんか?実は上の3つはやればやるほど毛穴が黒ずんでしまうんです。

どうしてダメなの?毛穴黒ずみの正体とは

毛穴はもともと’穴’なので、黒く見えやすいのです。

毛穴には常に皮脂がたまっていますが、この皮脂が酸化することによってより黒ずんで見えるのです。

毛穴の黒ずみをピンセットなどでつまんでとっても、一時的に毛穴がきれいになったように見えるだけですぐに元の状態にもどってしまいます
きれいな状態を見ると、ずっときれいな毛穴が続くように感じますが、ピンセットの尖った金属や爪などで肌の表面が傷つき、炎症をおこしやすくなってしまいます

まちがった方法でお手入れしたつもりになっていては、毛穴の周りを乾燥させ、傷つけ、押し広げてますます毛穴が目立つようになってしまう可能性があります。

毛穴の黒ずみを改善するクレンジングの選び方

毛穴の黒ずみ解消するためにえらぶべきクレンジングは、肌表面の角質層(毛穴の周り)を柔らかくして、角化した(かたくなった)角質を洗い流すものです。
必要以上に洗いすぎないマイルドタイプであればOKです。

次にクレンジングを選ぶときのチェックポイントを上げます。

理想的な毛穴対策クレンジングって?

  • 肌の角質層を柔らかくする成分配合
  • ゴシゴシこすらなくても時間をかけずにメイクが落ちる
  • 洗った後、肌に油分が残らないもの

上の条件にあてはまるクレンジングに切り替えて2週間実践してみましょう。毛穴の違いが実感できます。

クレンジングを使い始める前と後の写真を撮っておくと、クレンジングの効果がはっきりわかります。

クレンジングは自分の肌で実際に試してみる

結局のところ、他の人が使ってみていい!っていう商品でも、実際に自分で試してみないとわからないものですよね

初回割引などお試しできる条件が整った商品を選ぶと、自分だけの一本を見つけやすいですね。

自分の肌質にあったクレンジングで洗うと、毛穴は目立たなくなります!洗いすぎに心当たりがある人は、クレンジングから変えてみましょう。

毛穴にもマツエクにもいいリダーマラボクレンジングの公式サイトはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする